映画『ガーンジー島の読書会の秘密』作家は美しい島と秘密に惑わされた…

ロッカリア
どーも、ロッカリアです。
その読書会には、どんな秘密があるのでしょうか?
本好きの人は必見の映画をご紹介します

予告編『ガーンジー島の読書会の秘密』

作家が魅せられた読書会の秘密とは?

   こんな人にオススメ!

  • ロケーションの美しい映画が見たい
  • 謎めいた読書会の秘密が知りたい
  • 作家が主人公の映画に興味がある

どんな映画?

ドイツ占領下、イギリスのガーンジー島で、ナチスの取締りを逃れるために偶然作られた、「ポテト・ピールパイ」と言う読書会を舞台に起こった出来事を、戦後、この「読書会」に興味を持った女流作家ジュリエットが取材に訪れる。
ところが、この「読書会」にはある秘密があって……。
と、ここまで言うと、何かしらミステリー的な秘密が隠されているような感じだが、実際は、かなりヒューマニズム的要素が強い作品だ。

▶︎▶︎▶︎ 1941年、夜間外出禁止令を破り、パーティーを行った帰りにドイツ兵に遭遇し、尋問された際、「読書会」の帰りだと説明する事で、なんとか助かった。
実際は存在しなかった「読書会」を、急遽発足し、ナチスの目を誤魔化して5年が過ぎ、終戦を迎えた。
新作のサイン会で忙しい作家ジュリエットの元に、一通の手紙が届く。
それは読書会のメンバー、ドーシー(ミキール・ハースマン)からの手紙だった。
ジュリエットは、戦下にあって、人々の希望となった「読書会」のことを取材しようと考え島を訪れる。
「読書会」のメンバーには好意的に受け入れられたが、「読書会」の事を記事にしたいと申し出ると、雰囲気は一変。
本土に帰れと言われてしまう。
だが、どうしても諦められない彼女は、「読書会」のメンバーが、何か隠している事に気付く。
しかも、イギリスから島に向かう直前、プロポーズを受けた彼女だったが、親身になってくれるドーシーの事が気になり始めていた……。

本をテーマにした映画(↓)

見所&解説

端的に言うと、戦争によって運命を翻弄された人々の物語。

「読書会」の秘密…

「読書会」とジュリエットの関係を綴った作品だが、ドーシーとジュリエットの恋愛に関してはステレオ・タイプだ。
この恋愛パターンは何度となく目にして来たので、ラストの予測は簡単だ。

見所は、「読書会」の秘密とは何か?
と言う事になるんだろうが、この秘密を、もっと違う方向にベクトルを向けた方が、個人的には楽しめたと思う。
宣伝の時点では、結構ミステリーなのか? と思っていたが、実際には、もっとヒューマニズム的な問題で、戦争の悲劇をテーマにしている。
視聴に関しては、過剰な期待は、抱かない方が良いでしょう。

ヒロインには注目

この映画の主人公ジュリエット。
最近、どこかで見た女優さんだと思っていたら、大ヒット映画『イエスタディ』で主人公の秘書の女性を演じていた、リリー・ジェームズだった。
『タイタンの逆襲』(2012)『シンデレラ』(2015)『高慢と偏見とゾンビ』『マンマ・ミーヤ!:ヒア・ウイ・ゴー』に出演していて、この映画でも、二人の男の間で微妙に揺れる心を、印象に残る演技で見せてくれます。

美しい景色に身を任せ、物語の進行に身を任せて見る、この映画を堪能する方法です。

(こちらも、戦争を題材にしたオススメ映画です ↓ )

作品インフォメーション

この映画を見るには、次の方法があります!

1. Amazon prime videoでレンタルする(有償)

ガーンジー島の読書会の秘密(字幕版)¥399

2. AmazonでDVDソフトを買う
ガーンジー島の読書会の秘密 [DVD]

3. 楽天市場でDVDを買う

4.  近くのレンタル屋さんに…

 

スポンサーリンク

ドラマ

Posted by rockaria