映画『電送人間』「怪奇と幻想」と言う言葉がピッタリの特撮映画!

2021年5月4日

ロッカリア
どーも、ロッカリアです。
今日ご紹介する映画も、「変身人間」シリーズです。
この作品も、大人向けの東宝特撮映画、と言うことになります

スポンサーリンク

瞬間移動を科学的に行なった復讐劇!

   こんな人にオススメ!

  • 『美女と液体人間』を見て気に入った
  • 東宝特撮映画のファンだ
  • 古い邦画を見てみたい

どんな映画?

『美女と液体人間』に続く、「変身人間」シリーズの第二弾。
前作と同じく、特撮の神様、円谷英二が効果を担当した1960年の作品。
監督は、本多猪四郎から福田純に変わっているので、同じシリーズでも恐怖感が増している。
電送装置と言うポッドを使って、人間を移動させるアイデアが光る。
戦争末期に起こった事件、その十数年後に起こる復讐劇を、科学技術を駆使して実行する犯人の姿は、執念深く、今見てもおドロおドロしい。

▶︎▶︎▶︎ 遊園地の怪奇ショー(お化け屋敷のこと)の洞窟で、一人の男が戦時中に使われた銃剣の剣で刺し殺された。
警察がすぐに不審な男を捕まえるが、新聞記者の桐岡(鶴田浩二)だと言うことが分かる。
その桐岡は、ある事件の取材のために洞窟にいたが、そこで導線のような部品を拾っていた。
知り合いの博士の所に持って行くと、それは超伝導のクライオトロンと言う部品だった。
警察は、殺された男がキャバレーの経営者、隆と繋がっている事を知り、捜査指揮を取る小林警部(平田昭彦)は、大学の同級生で、事件に詳しい桐岡と共にキャバレーに向かう。
そこには、隆と同じ部隊の、昔の仲間が集まっていたが、全員に、殺人を予告する軍票(認識票)が送り付けられていた。
その送り主と言うのが、昔死んだはずの仲間、須藤(中丸忠雄)からだと言う事が分かり、恐怖に駆られる。
そして、予告通りに殺人は実行されるが、警察は犯人を追い詰めながらも、あと一歩のところで逃げられてしまう……。

見所&解説

1960年にこの発想は驚き

転送装置を使ったテレポーテーションなのだが、子供騙しのように、何もない空間から突然現れたり、消えたりはしない。
ちゃんと、犯行現場の近くに、あらかじめ転送装置を運んで置き、逃走が完了すると、爆破したり燃やしたり、証拠隠滅を図っている。(冷静に考えると、なんとも効率の悪い話、ではある)

今の目で見てしまうと、もちろん無理がある設定も目に付くが、当時としては、この転送装置はかなり説得力があっただろう。
元ネタは、1958年のアメリカ映画『ハエ男の恐怖』の物質転送装置と言う事は間違いない。
だが、秀逸なのは、この装置を復讐に使い、警察を翻弄すると言うアイデアだ。
しかも、転送を繰り返している犯人の須藤は、全身に電気が青白く光り、まるで幽霊のように見える演出がされている。
須藤は昔、洞穴の中で死んでいる、と言う設定が、この幽霊のような描写と、冒頭の怪奇ショーでの洞穴に繋がっているのも面白い。

変身人間シリーズはキャバレーがお好き?

『美女と液体人間』に続くこの第二弾だが、やっぱりキャバレーが登場する。
しかも、作品内容を踏まえ、キャバレーの名前が「DAIHONNEI(大本営)」……。
白川由美は、この作品ではキャバレーとは関係ないが、やっぱりスリップ姿で男子諸君の目を引くシーンが、まるで定番のようにある。

特撮陣は大変!

軽井沢にある牧場の、転送装置がある部屋のセットが凄い。
この部屋のセットがあまりにも良かったのか、後の東宝特撮作品(『ガス人間第1号』)などに、使い回しされているが、それ以前の1957年『地球防衛軍』に、似たようなセットが、一部だがすでに見られる。
この牧場には、主演の二人、鶴田浩二と白川由美の二人が訪れ、恐怖の一夜を過ごすシーンも面白い。

今回の特撮にはスタッフも相当苦労したようで、その大変さは特典で知る事が出来ます。
電送シーンは、CGの無い時代では、フィルムの一コマ一コマに手書きで特殊効果を書き込んでいた。
若い人には信じられないだろうが、この辺の面白い苦労話は『スーパー8』の特典(ブルーレイだけかも知れないが)でスピルバーグや監督のエイブラムスが語っているので、機会があれば参考までに見て下さい。

裏話!

この映画は、電送人間を演じた中丸忠雄の熱演がスゴいが、当の本人は試写で自分の姿を見た際、「とんでもない役を引き受けてしまった…」と、かなり後悔したらしい。
その事を、DVDソフトの特典、オーディオ・コメンタリーで振り返っていました。
その言葉通り、ラストでの正体を現す姿は、今見てもショッキング!

また、この音声解説ではこんな話もあります。
オープニングの洞窟での殺人シーンに、遊びに来た客として、若き日の児玉清氏の姿があると。
早速見直すと、確かに若すぎる児玉氏がそこに映っていて、彼だと言われて初めて分かります。(白のスイングトップを着ている)

この『電送人間』は、変身人間シリーズ中、最も怖い作品に仕上がっています。

星4

作品インフォメーション

1.  電送人間(プライム会員は無料)で見られます!

2. ソフトを買う

電送人間 [東宝DVD名作セレクション]

電送人間 [東宝DVD名作セレクション]

鶴田浩二, 白川由美, 中丸忠雄, 土屋嘉男, 平田昭彦, 村上冬樹, 河津清三郎, 佐々木孝丸
2,000円(07/26 05:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

ホラー

Posted by rockaria