映画『ザルツブルク・コネクション』スパイ映画は名簿がお好き?

ロッカリア
どーも、ロッカリアです。
本日ご紹介する映画、最近流行りの、リモート・トラベルにピッタリかも知れません(W)

アクション映画? いいえサスペンス映画です!

   こんな人にオススメ!

  • ヨーロッパを舞台にしたスパイ映画が見たい
  • 1970年代、あの頃映画が見たい
  • オーストリアに行った事ある & 行ってみたい人

どんな映画?

スティーブ・マックィーン主演の『栄光のル・マン』の監督、リー・H・カッツィンが1972年に作ったスパイ映画。
主演にバリー・ニューマン、共演にアンナ・カリーナを迎え、スパイ天国と言われたオーストリアでロケーションが行われた。アルプスなどの風景を活かした作品に仕上がっている一方で、一部の人から、アクション映画と言う評価もあるみたいだが、これには賛成しかねない。

▶︎▶︎▶︎ 弁護士のビル(バリー・ニューマン)は、出版社とのトラブルを伝えるため、写真家のブライアントが経営する写真店を訪ねた。
妻のアンナ(アンナ・カリーナ)は、主人は湖に行って、今は不在だと言う。
しかし、そのブライアントが死んだ事により、ビルは旧ナチスに関する重要な秘密をめぐり、各国のスパイ合戦に巻き込まれて行く……。

見所&解説

最初に言ってしまうが…

DVDを買ってまで見る作品かと言うと、そうでもない。(僕は買ったけど…)
盛り上がるシーンも言うほどな無い。
一応サスペンス映画に分類したが、緊張感もそれほど無い。
CIA、KGB、イギリス&中国の諜報部員、元ナチス党員が入り乱れ、誰が敵で誰が味方か分かりづらい。
そんな作品だが、ある事に注目して見ると、興味が持てるかも知れません。

主演の二人を知って見る

主演の二人とは、弁護士役のバリー・ニューマンと、ブライアントの妻役、アンナ・カリーナのこと。
バリー・ニューマンと言えば、オールド・ファンとしては忘れがたい作品がある。
アメリカン・ニューシネマの傑作『バニシング・ポイント』だ。
体制に反抗しながら、ラジオDJがかけるロックに乗って、ダッヂ・チャレンジャーで、広大な大地をひたすらぶっ飛ばすバリー・ニューマン。
その姿に痺れた映画ファンは多いはず。

一方、アンナ・カリーナは、フランスの女優で、ジャン・ポール・ベルモンドと共演した『気狂いピエロ』が有名だ。
こちらは、ヌーヴェルヴァーグの代表作で、ジャン・リュック・ゴダールが監督した名作だ。

奇しくも、アメリカン・ニューシネマの傑作に出たバリー・ニューマンと、ヌーヴェルヴァーグの名作に出たアンナ・カリーナ、この二人が、オーストリアで共演していると言う、不思議を楽しもう。

ロケーションを楽しむ

今の時期、リモート・トラベルと言って、Googleアースなどを利用して、家にいながらヴァーチャル旅行を楽しむ人が急増しましたね。
この映画も、アルプス山脈にリフトで登ったり、古い鐘楼のツアーがあったり、古都の街中を歩いたり、車で走ったりと、その気になれば、景色を楽しめる。(ちょっと強引だけど…)

カー・アクションは…

アマゾン・レビューで、カー・アクションが凄い、的なコメントがありますが、それは昔見た、遠い記憶の錯覚だろう。
はっきり言って地味な映画だ。
例えば、拉致されたアンナを追いかけるバリーだが、その車を追い越すと、今で言う煽り運転のようにスピードを落として、ノロノロとゆっくり走る、ただひたすら。(おいおい…)
この映画を見る(再見だけど)までは、僕もカー・アクションが面白かったと、記憶していたのだが……。(←ボケだろボケ)

スパイ映画と名簿(ファイル)

最近で言えば、『M・I:ローグ・ネイション&ゴースト・プロトコル』など、秘密の名簿をめぐってスパイが暗躍する、と言う構造。
スパイネタに困ったら、名簿を使えと、と言うセオリーがあるのだろうか?
アンジェリーナ・ジョリーのお父さん、ジョン・ボイトが主演した『オデッサ・ファイル』と言う映画があるが、この作品も本作同様、ナチスに関する、秘密の名簿をめぐるサスペンス映画となっていて、原作がフレデリック・フォーサイスだけに、一歩面白いと思います。(一歩…)
興味のある人は、こちらの作品のもどうぞ。

知られたらまずい名簿、燃やせ……。

あの頃映画が好きな人なら

この映画はDVDでしか見られませんが、画質はかなり良いです。ただ、画角が4:3と言う昔のテレビサイズの為、両端が切れているのが残念。
でも、あの頃映画が好きな、僕の年代のような人なら、コレクションとしては有りかも知れませんね。
ただ、若い世代の人にはお勧めできません……。

余談ですが、公開当時のチラシを見ると、『フレンチ・コネクション』に続く、コネクション・シリーズ第二弾! と言うキャッチフレーズが踊っていました。

ヒッチ先生の【談話室】〜それ、いる?

ロッカリア

ロッカリア

先生、今日の作品は不思議でした。
つまらないと、一言で片付けるには、結構最後まで見入っちゃいました。
どうしてでしょうか?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

わからんでも無いわ。
結構キャラが強いからな。
でもな、サスペンスと言えるほどの緊張感もないし、見所はどこや?って聞かれたら、お前なんて答える?
ロッカリア

ロッカリア

見所ですか、難しいですね……。
山場が無いと言うか、なんと言うか……
ヒッチ先生

ヒッチ先生

旧ナチスが秘密にしておきたい名簿があったやろ?
問題はそれや!
ロッカリア

ロッカリア

名簿、ですか?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

そや。
よう考えてみ、主人公にとって、この名簿いるか?
あっても無くても、全く関係ないやろ?
主人公に必要がないとしたら、それは観客にも同じや。
名簿をめぐって右往左往するのはスパイたちだけで、観客には全く意味を持たんアイテムや。
場外乱闘を見て、観客が興味を引くと思うか?
ロッカリア

ロッカリア

そう言えばそうですね。
主人公に関係ないモノを争っても、他人事、と言う事なんですね
ヒッチ先生

ヒッチ先生

せや。
主人公にとって、それが命同様に大切な物やないと、観客は主人公に感情移入が出来へん、つまりオモロ無い、と言う事にならんか?
ロッカリア

ロッカリア

確かに。
と言うことは、この映画は、観客の存在を意識していない、と言う事になるんでしょうか
ヒッチ先生

ヒッチ先生

お、ちょっとは分かってきたか。
この監督は、観客を置いてきぼりにしてるように見えるな。
だからイマイチ盛り上がらんのとちゃうか
ロッカリア

ロッカリア

なるほど。
先生、本日もありがとうございました

  

スポンサーリンク