映画『宇宙人東京に現わる』日本SFカラー映画第1作、面白い!

2020年4月26日

 

ロッカリア
どーも。ロッカリアです。
今日は、レトロな特撮映画を紹介します。

ヒトデ型宇宙人はさておき(笑)、現代にも通用するSFの設定が素晴らしい!

   こんな人にオススメ!

  • 日本の古いSF映画に興味がある
  • 1956年のレトロな東京が見たい
  • 東宝以外の特撮映画ってどうなの? と思っている人

 どんな映画?

大映が1956年に制作した特撮映画で、SF映画として、初めてカラー作品で公開されました。
アメリカの『地球の静止する日』(1951)と『地球最後の日』(1951)を足して二で割った作品とよく言われるが、日本独自の発想もこの作品にはたくさんあります。
特撮も当時としては頑張っている方で、名作とまで言い切れないが、個人的にはかなり面白い作品に仕上がっていると思います。

▶︎▶︎▶︎ 世界各地でUFOの目撃が報告されていたが、日本も例外では無かった。
科学者の間でも、その目的は何なのか、議論が起こっていたが、その頃、各地で異様な姿をした怪物の姿が目撃されていた。
実は、この怪物はヒトデ型をしたパイラ星人で、地球より高度な文明を持ち、地球の危機を伝えに来たのだった。
それによると、新天体Rが、地球に衝突するコースを取っている、と言うものだった……。


(劇中に登場するパイラ人は、こんなレッドではなく、地味でくすんだ色です。ロビーカードなど、宣伝用にカラーリングされたようです。こちらの方が、インパクトがありますからね)

見所&解説

見所は何と言っても、古き良き昭和の東京だ!

新町の駅の階段を降りると、すぐに商店街があり、「宇宙軒」と言う飲み屋に中年男性が入って行く。
まるで、小津安二郎の映画が始まるかのようなオープニングだ。
この、何とも言えない日常の風景から、夜空を観察するとUFOが飛んでいると言う、非日常への移行が面白い。

前半は宇宙人の恐怖、後半は隕石衝突の恐怖!

各地に現れたパイラ星人は、その姿から人間に恐れられたが、実はパイラ星人も、人間の醜さを指摘していた。(お互い様だったんだ…)
変身装置で、嫌々(笑)人間に変身したパイラ星人は、新天体Rが地球に迫っている事を学者たちに伝える。
そして、世界で唯一、被曝した日本が、世界に向けて、核ミサイルで天体Rを破壊するように提案する。
世界に対して、日本だけが、核の脅威を訴えられる国だと言うパイラ星人の主張を、今の政治家たちに聞かせてやりたいものだ。
余談ですが、パイラ人が人間に変身するシーン。
これって、後のウルトラマン以降、宇宙人が人間の姿を借りて……と言う、設定の原型と言える。
この作品の特撮を務めた的場氏は、後年、円谷プロに所属した事からも伺える。

日本最初のカラーSF作品

1956年の作品で、これ以後、東宝特撮映画の「変身人間シリーズ」や『ゴジラ』シリーズも追随するように、一気にカラー作品化の道を辿りました。
モノクロ映像と違い、カラーでこの頃のレトロな作品を見ると、まるでタイムスリップしたかのような、懐かしい街並みに出会えるのが嬉しい。
僕はこのソフトが出た瞬間に飛びついて買いましたが、今はオンデマンドでこの作品が見られます。
いい時代、何ですかね。

パイラ人のデザイン

有名な話ですが、この宇宙人のデザインをしたのは、太陽の塔などで有名な、岡本太郎氏です。
数々のデザインの中に、このパイラ人の発想が伺えるようなデザインもあります。

核兵器を全て使い切った挙句… ネタバレ注意!

ちょっとネタバレ気味に言わせてもらうと、地球上の核ミサイルを、新天体Rにつぎ込んだ結果、皮肉にも、地球上の核が全て無くなってしまう。
この意味は?
そう、核の無くなった地球は、新しい歴史を築いて行く、と言うエンディングをさり気なく示している、と解釈したい。

ヒッチ先生の【談話室】 ちょこっとトリビア

ロッカリア

ロッカリア

先生、最近新型コロナの影響で、時間が出来て映画ばっかり見ています
ヒッチ先生

ヒッチ先生

その割にはこのブログ、あんまり更新してへんな
ロッカリア

ロッカリア

うっ、い、今は見る方に力を入れているんで…
ヒッチ先生

ヒッチ先生

ふ〜ん。
ま、ええわ。
今日はちょっと興味深い話教えたろか?
ロッカリア

ロッカリア

お願いします
ヒッチ先生

ヒッチ先生

スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』知ってるやろ?
ロッカリア

ロッカリア

もちろんです。
あの映画がどうしたんですか?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

実はな、キューブリックがあの映画を作ろうと考えた時、ありとあらゆる、世界中のSF映画を見まっくったんや。
その中に、『ゴジラ』なんかと一緒に、この『宇宙人東京に現わる』を見たんやで
ロッカリア

ロッカリア

あのキューブリック監督が、この映画を見たんですか!
ヒッチ先生

ヒッチ先生

そやで。
でもな、ワシもこの映画見たけど、どこの何を参考にしたのか、よう分からんかったわ。
一つ気になったのが、宇宙に浮かぶパイラの宇宙ステーションのような物体ぐらいやな
ロッカリア

ロッカリア

いあや〜、あのキューブリックが見た、そう言う情報を聞くと、この映画がより一層楽しめそうです。
先生、今日もありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

SF

Posted by rockaria