『メン・イン・ブラック:インターナショナル』新シリーズか、スピンオフか…

MIB それは地球を守るはずだった…

   こんな人にオススメ!

  • SFでアクションでコメディな映画が見たい
  • シリーズのファン
  • キャスト一新でどうなったか気になる

どんな映画?

前三作の主役、K(トミ・ーリ・ジョーンズ)とJ(ウィル・スミス)の交代による新作だが、スピンオフとして楽しめる。
二人のコンビを男と女にした事で、キャラクターに幅を持たせているが、KとJ、特にウィル・スミスの強烈キャラには及ばない印象だ。
今回はインターナショナルとし、世界観を意識して、パリ、モロッコ、イタリア、イギリス、NYで二人が活躍する。
一つ気になるのは、拠点をロンドンにした事で、前三作と世界観が少し変わっている事だ。(エイリアンの扱いや登場の仕方など)
それが良いことか否かは、見た人が決めて欲しい。

▶︎▶︎▶︎ 幼い頃にMIBを目撃したモリーは、大人になって秘密の拠点を探り当て、無理やり研修生となってH(クリス・ヘムズワース)と組むことになった。
地球に立ち寄ったエイリアンのヴァンガスは、王位を継ぐ皇族だったが、凶悪なエイリアンに殺されてしまう。
その現場にいたモリー(M)は、死際にある物をヴァンガスから渡された。
この水晶のような小さい物体を巡って、地球ごと滅ぼそうとする陰謀に、KとMは巻き込まれて行く……。

見所&解説

新人を育てると言うシチュエーションは一作目と同じ。
これと言って目新しい事は無いが、『マイティー・ソー』のクリスと、HBO版「ウエストワールド」のテッサ、この男女コンビが今回のポイントだ。
見所は、パリのエッフェル塔、モロッコのマラケシュだったり、イタリアはリザの要塞島だったり、まるでジェームズ・ボンドのように各地を飛び回る。
ただ、基本、コメディなので、あり得ない架空の乗り物で、簡単にワープしたりするので、現実感は乏しい。
それに加えて、本当のロケじゃなく、CG合成なので、昔で言うハリボテのように見えてしまうのは僕だけか。
やっている事は同じなので、安定感はあるが、新鮮味がない。(シリーズ物の弱点だな)
結果、ウィル・スミスの存在がいかに重要だったのか、再認識することになりました。

余談だが、リザと言う、H野本恋人役に、レベッカ・ファーガソンが出ているが、クレオパトラ・ヘア(つまりオカッパ)になっているが、その姿がベッキーによく似ていると思ったのも、僕だけか?……。

ヒッチ先生の【談話室】

ロッカリア

ロッカリア

先生、このシリーズ4作目と言うか、スピンオフと言うか、どのように見られました?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

『007』や『スター・ウォーズ』と言った、長い期間のシリーズだと、歴史が強い味方になってくれるが、
10年20年ぐらいだと、ハッキリ言って飽きるわな。
ロッカリア

ロッカリア

飽きる……
ヒッチ先生

ヒッチ先生

そや。
大体、ええオッサンが見る映画としては、現実離れしたアイテムや乗り物のオンパレードやで。
コメディとしても、ちょっとしんどいわ
ロッカリア

ロッカリア

先生はこの映画、お気に召さなかったようですね
ヒッチ先生

ヒッチ先生

つまらんとまで言わんけど、若者向けやな
ロッカリア

ロッカリア

つまらんと言っているようなもんじゃないですか。
本日はお疲れ様でした…
 

スポンサーリンク