映画『アガサ・クリスティー:ねじれた家』映画化には無理がある?

ロッカリア
どーも、ロッカリアです。
今日ご紹介する映画は、ミステリー小説の女王、アガサ・クリスティーの原作による作品です。

ねじれた心を持った、一族に起こる悲劇!

   こんな人にオススメ!

  • ミステリー・ファンで探偵ものが好き
  • クリスティーと聞いて胸がときめく
  • 1949年当時を再現した世界観が見たい

どんな映画?

イギリス貴族と言えば、社会現象にもなった大ヒット・ドラマ、「ダウントン・アビー」を連想する人が多いと思いますが、正にそんな感じをバックグラウンドに持った作品です。
クリスティーと言えば、名探偵ポアロやミス・マープルが有名ですが、この『ねじれた家』では、若きチャールズと言う探偵が事件解決に乗り出します。

▶︎▶︎▶︎ 大富豪レオニデス家の主人が、何者かに毒殺された。
私立探偵のチャールズは、レオニデス家の孫娘で、元恋人のソフィアから、事件の真相を突き止めて欲しいと依頼される。
早速調査に乗り出したチャールズだが、一族全員に動機があり、調査は難航する。
やがて二人目の死人が出て……。

見所&解説

僕は、自慢じゃないが、積極的に騙されるタイプのミステリー・ファンだ。
しかし、この映画ほど目の前に怪しい人物がいるのにも関わらず、僕のねじれた心が原因で、騙されたのは初めてかも知れない。

未見の人はここまで。以降ネタバレ気味な話になります

ミステリー・ファンなら、一番怪しく無い人物が一番怪しい、と言うのは鉄則、なのに騙されてしまうのは、さすがクリスティーだと称賛すべきだろう……。
ちょっと待って!
この映画の結末と犯人を見て、僕の頭の中に 浮かんだミステリー小説の名作がある。
エラリー・クィーンの「Yの悲劇」だ。
物語の内容はかなり違う、が、結末と犯人の設定はかなり類似している。
もちろん「Yの悲劇」の方が執筆年度は早い。
クリスティーがどれだけ意識していたかは知る由も無いが、犯人、結末、重要なアイテムの類似性を考えると、ひょっとして、「Yの悲劇」に対するオマージュ、あるいはアンサー・ソング的な小説、そう捉えることが正解かも知れない。

もう一つ頭に浮かんだミステリー小説がある

横溝正史の「迷路荘の惨劇」だ。
これは、物語というより、その形態が似ていると感じる。
容疑者を突き止めるために、探偵は一人ひとりに話を聞いて回るが、そのシーンがやたら長い。
それが長くなれば長いほど、読者は退屈になってしまう。
だから、作家もそうだが、映像作家も、この退屈ともいえるシーンを観客に見せる時は、それなりの工夫が必要だと思うが、それはこの映画にも言える事だ。
このシーンに工夫がないと、物語が停滞してしまうのだ。(←評論家か…)
だめだ、ミステリー好きだから、文句が多くなってしまう。

探偵のキャラ設定は合っているのか?

物語を牽引する力、この映画は弱い。
ミステリーの主役と言えば、謎を解明して、犯人を突き止める探偵か、不可能犯罪を企てる犯人、このどちらかだ。(二人が際立てば尚良い)
この映画を見る限り、犯人よりも、探偵が主役だと言える。
ところが、このチャールズと言う探偵、残念だが魅力が無いのだ。
クリスティーと言えば、ポアロ、ミス・マープルが特に有名だが、二人のキャラは物語を牽引する力を充分に持っている。
映画化にあたって、この二人にキャラを変える選択肢はなかったのだろうか?
設定上、どうしても原作通りにしたければ、チャールズのキャラに、もっと魅力を与えた方が良かったと思う。(見た目を含めて)
この映画、もしハリウッドか制作していたら、絶対ポアロに変更していたと思うが、イギリス人の気質が、真摯に取り組んだ結果、真面目すぎる映画になってしまった、と言うことでは無いだろうか。
ご自分の目で、確かめてください。

クリスティー原作の映画、最高峰はこの作品!(↓)

ヒッチ先生の【談話室】〜木は森に隠せ、の逆ヴァージョン?

ロッカリア

ロッカリア

先生、久しぶりの本格ミステリーの登場です
ヒッチ先生

ヒッチ先生

『オリエント急行殺人事件』『ナイル殺人事件』『地中海殺人事件』『死海殺人事件』などなど、有名俳優が多く出演するのが定番や。
これは邦画でもそうやけど、例えば『犬神家の一族』も、当時の日本を代表するスターが総出演的な映画になってるやろ。
なんで?
ロッカリア

ロッカリア

な、なんで?
そりゃ、有名俳優が多く出た方が、話題になって、お客さんも多く入るからじゃ無いですか?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

それもある。
でもな、本当は犯人の特定を、分かりにくくするため、ちゅうのもあるんやで。
有名な俳優が一人二人しか出てへんかったら、観客もこの二人、怪しいで、となるやろ。
昔から言う、「木は森に隠せ」ちゅう事や。
ただ、この映画はそれを逆手に取っているようにも見える。
テレンス・スタンプは警察側で、グレン・グローズぐらいやろ、怪しいの
ロッカリア

ロッカリア

確かに。
先生、今日もありがとうございました
ヒッチ先生

ヒッチ先生

お前、面倒臭くなったら、一方的に終わろうとするな
ロッカリア

ロッカリア

…………。

スポンサーリンク