『ユー・ガット・メール』恋愛に疲れた…、そう感じたら見る映画

名優たちの演技に、きっと泣かされます!

   こんな人にオススメ!

  • 恋愛に迷い始めた人
  • 心が明るくなる映画が見たい
  • ニューヨークの季節感を味いたい

どんな映画?

女性監督ノーラ・エフロンが、『めぐり逢えたら』(1993)で共演したトム・ハンクスとメグ・ライアンの二人を、再び主人公に迎えて作った1998年のロマンティック・コメディ。
インターネットが整備され、Eメールが拡大充実し、見えない相手とのやりとりから、お互いが理想の人物像を作り上げ、恋心を抱くが、実はその相手がビジネスの上で最悪のライバルだった……。
トムと・メグ、二人の演技にきっと泣かされます。

▶︎▶︎▶︎ キャスリーン(メグ・ライアン)は亡き母の後を継いで、ミューヨークの街角に小さな絵本屋を経営していた。
しかし、その目の前に大型書店が建てられ、店は一気に追い込まれてしまう。
そんな時に頼れるのが、メル友の「NY152」と言うハンドルネームの男だった。しかし、その「NY152」こそ、目の前に建てられた巨大書店の経営者、ジョー・フォックス(トム・ハンクス)だった。
そんな事を知らない二人は、メールのやり取りを通じて、心が通う様になっていた。
そんなある日、ジョーが二人で会って話そうとメールで提案する。
だが、ジョーが待ち合わせのカフェに行ってみると、そこに居たのは、ジョーを恨んでいたキャスリーンだった。
一度は合わずに帰ろうとしたジョーだったが、偶然を装い店の中に入った。
だが、キャスリーンは、ジョーのメールに書かれていたアドバイスの通り、心に溜まっていた不満をジョーに浴びせた。
ジョーは返す言葉もなく店を後にし、次の日からメールをやめ、仕事に集中しようとしたが……。

見所&解説

激しくいがみ合う二人、同じ業種のライバル同士、到底うまくいかないであろう恋が、ある起点を境に状況が大きく変わって来る。
それは何か?
相手を思いやる気持ちを思い出した時だ。
二人は元々、人の気持ちを大切にする性格だった。
それが、いつの間にか、相手を敵対視するようになってしまっていたが、ある事をきっかけで、大切なものを思い出す。
そのきっかけとは……。

恋に落ちる瞬間

この映画には、二人がそれぞれ恋に落ちる瞬間を描かれている。
キャスリーンが長年経営して来た店を閉め、一人、ジョーの書店に来て、絵本のある4階で、ボーッと絵本の棚を見ていると、ある女性が店員にタイトルの分からない本を探してくれと言う。
でも店員には見当もつかない。
その会話を聞いていたキャスリーンは、本のタイトルと作家の名前を教えてあげる、涙を流しながら……。
そのやりとりを陰から見ていたジョーは、キャスリーンの頬に伝う涙を見てしまう……。

風邪を引いて家で休んでいたキャスリーンの元に、ジョーは花束を持って現れた。
強引に家の中に入って来たジョーに、ベッドの上で悪態を吐こうとした瞬間、ジョーはキャスリーンの口に手をやり、「君が悪口を言えないように協力するよ」と言う。
キャスリーンは突然の事に動揺する……。

この時点から、いがみ合っていた二人は180度変わって行く……。

この映画には、恋愛のヒントがたくさんあります。
「もう恋愛なんていい」そう思っている人には、是非見て欲しい作品です。

秋から始まって、クリスマスの冬を迎え、そして春になって行くニューヨーク。
最後に待っている名曲、「オーバー・ザ・レインボー」に、きっと涙する事でしょう。

あの素晴らしいニューヨークが、一日も早く再生する日を願って……。

ヒッチ先生の【談話室】

ロッカリア

ロッカリア

先生、この映画で注目するところは?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

顔で演技する二人の役者さんに注目や。
これは中々見ものやで
ロッカリア

ロッカリア

顔で演技ですか?
ヒッチ先生

ヒッチ先生

そや。
ナチュラルな表情で演技をする役者は多い。
けど、今どんな状況か、どんな心の動きかを顔で表現、演技する役者は少ない。
この二人は、共にそう言う演技ができる。
そこに注目して見てみ、面白さが倍増するで
ロッカリア

ロッカリア

なるほど。
今度見る時は、そこに注目して見ます
ヒッチ先生

ヒッチ先生

もひとつ。
面と向かって、本音を言えない二人だが、メールでは本心を語り合う、と言うのも面白いで。
人って、意外とそんなもんかも知れんやろ?
ロッカリア

ロッカリア

そうですね、僕も心当たりがあります。
先生、今日もありがおとうございました

 

スポンサーリンク