米ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ワーストムービー」トップ10

ある意味知りたくないベスト10じゃないでしょうか

怒涛のごとく、アメリカの「ローリングストーン誌」は年間ベスト10を次々に発表しています。そして、ついにワーストの発表です。

このワースト10は、米ローリングストーン誌の映画評論家、ピーター・トラヴァーズが超辛口で批評していますが、もっともだな、と私は思います。皆さんはどう思われるでしょうか。

ワースト10の発表の前に、まずは、このコメントから呼んでください。

ヒドイ映画がここまで多いと、ケチをつける気にもなれない。だが、いまだにハリウッドは過去のヒット作の焼き直しや使い回しを続け、オリジナリティは興行成績を侵す疫病とみなして、避けて通ろうとする。その結果2018年のシネマコンプレックスには、見境なく登場する駄作に変に後押しされ、かつてないほど安全パイの作品であふれかえった。これはどこかで見たことがあるぞ、というデジャヴに襲われて思考停止になったこともあるはず。『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』や『インシディアスで 最後の鍵』、『パシフィック・リム:アップライジング』に『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』、『Super Troopers 2(原題)』『クローバーフィールド・パラドックス』『Sherlock Gnomes(原題)』『くるみ割り人形と秘密の王国』・・・たしかに、あるある。ザ・ロックは『スカイスクレイパー』でも『ランペイジ 巨獣大乱闘』でも基本的に同じ役だし、チャールズ・ブロンソンの『デス・ウィッシュ』をブルース・ウィルスがリメイクするとか、『オーバーボード』のゴールディ・ホーンをアンナ・ファリスが再現するとか、アニメ版『グリンチ』でジム・キャリーのおばかぶりにベネディクト・カンバーバッチが挑戦するとか、もうたくさんだ。

にもかかわらず、意外にもふたを開けてみると、これら映画界の負け犬どもはワーストムービーTop10の圏外。底辺をひっかいたその下に、これよりひどい映画がまだあったというのか? その通り。嘘じゃない、確かにまだあったのだ。さあ、我らが選んだ2018年ワーストムービーTop 10をご覧あれ。涙なしには語れない。(ピーター・トラヴァーズ)

10位からどうぞ

10位 『ヴェノム』

お待ちかね、泣く子も黙るマーベルのアンチヒーローの名を汚す、PG-13指定映画のお出ましだ。その名はヴェノム、サンフランシスコ在住の記者エディ・ブロックの身体に憑依し、それ以外のときは人間の頭を食いちぎって、脳みそをむさぼる未知の寄生体。偉大なるトム・ハーディには、まさにうってつけな二重人格役だと思っただろう?事情が違えば、そうなっていたかもしれない。だがイギリス人俳優は、すでに『ダークナイト ライジング』で超悪党は経験済み。『レヴェナント:蘇えりし者』ではレオナルド・ディカプリオを裏切り、『レジェンド 狂気の美学』では、双子のギャング、クレイ兄弟を演じ分けた。今回はやや手加減したのか、ヴェノムには決してあり得ない笑いを取りに走った。次のダークナイトになりうる可能性を秘めたキャラクターを、よりによって、ハーディのような人気俳優に売り飛ばす、というのが、リスクを恐れるドル箱ビジネスの定石なのだ。 (ピーター・トラヴァーズ)

9位『 フィフティ・シェイズ・フリード』

第3作にして最終話(という触れ込みになっている)で、ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンは互いを鞭打ち、映画の歴代の濡れ場の中でも、もっともエロくない性的興奮に身もだえした。この2人は、殺菌消毒済みのSMが矛盾しているとは思わないのだろうか?ドーナン演じる億万長者のクリスチャン・グレイが、インターンから出版業界のトップに上り詰めたジョンソン演じるアナスタシア・スティールとゴールインして以来、2人は倦怠期に入ったようだが、観客もまたしかり。カップルの「アブないエッチ」がちっともアブなくなってしまったため、放置プレイ、拉致、殺人が新たに追加された。グレイ氏のレッドルームで行われるお仕置きはもはや、お金を払ってこの映画を観に来たマゾシストをじわりじわりと襲ったお仕置きには到底かなわない。(ピーター・トラヴァーズ)

8位『 死霊館のシスター』

がっぽり儲けた史上最恐の映画から恐怖の方程式を洗い出し、再利用したからといって、必ずしもホラーの傑作ができるわけではない。もっとも、絶叫ホラーのお決まりルールを列挙したこの映画を最後まで観る、という行為そのもが拷問ではあるが。行列に並んでまで観客が楽しみにしていたのは、『死霊館エンフィールド事件』に登場した邪悪な尼僧ヴァラク(ボニー・アーロンズ)が、人里離れたルーマニアの修道院に憑りついて、見習い修道女をかたっぱしから震え上がらせること。若い尼僧たちには幸運なことに、恐怖のカケラもないまねっこ作品はバチあたりなほどに、ちっとも震撼させることができなかった。期待していたおどろおどろしさを求めるファンの祈りは無残にも聞き入れられずじまい。修道院の看板にはこう書いてある。「神はここで息途絶えた」。まさに言い得て妙。(ピーター・トラヴァーズ)

7位『 レッド・スパロウ』

一体全体、ジェニファー・ローレンスに何が起きたのか?始まりは『パッセンジャーズ』、次は『マザー!』、そして今度は、サディスティックなお色気ムンムンのスパイもの。『ハンガー・ゲーム』のフランシス・ローレンス監督作だ。ジェニファー演じるボリショイ・バレエ団のプリマドンナが、意外にもスパイだった、という設定だが、ブロンドのウィッグにボルシチよりも濃いロシア風アクセントで身を固めたローレンス演じるスパロウは、極秘機密を手に入れるためにターゲットと寝ることに憤慨する(「あなたは私を売春養成所に入れたのよ」と、自分をスパイの道に引き入れた不気味な叔父に向かって言う。この映画一番のキメ台詞)。どこかトンチンカンで、間が抜けている。誰か、オスカー女優を救いたまえ。(ピーター・トラヴァーズ)

6位『 MEGザ・モンスター』

いつもなら、巨大なサメがジェイソン・ステイサムに襲いかかるのを、誰もがこぞって観たがるはず。だが、『MEGザ・モンスター』は、『シャークネード』のようなキャンプ脱出劇に甘んじるのを良しとせず、その分面白みを欠いてしまった。想像してみたまえ、南シナ海の底に沈んだ潜水艦の乗組員をメガロドンと呼ばれる全長75フィートのサメから救うべく、屈強なステイサム率いる救命ダイバーが仕掛けるあの手、この手を。結局、ザ・モンスターをしとめるのに使ったのは、メガ級の爆発に、お粗末な演技、お粗末な演出にお粗末な脚本、そして見るからに嘘くさいCG。しかも、サメのほうはなかなか姿を現さない上、出てきたと思ったらアッと言う間にお陀仏。なんてもったいない。(ピーター・トラヴァーズ)

5位『 ジュラシック・ワールド:炎の王国』

2015年に息を吹き返したシリーズの続編は、存在価値も刺激もゼロ。厚顔無恥なティラノザウルス級のぼったくり映画だ。このシリーズ最新作がなぜこうもチンケでうんざりするのかというと、ストーリーがこぢんまりしているから。億万長者の大邸宅の奥では、悪党どもが恐竜を兵器化し、最も高値で競り落としたテロリストに売り飛ばすのだが、群れをなすCGの恐竜と同様、観客も檻の中に閉じ込められた気分になる。クリス・プラットやブライス・ダラス・ハワードといった俳優たちは必死に駆け回り、なにかが大変なことが起きていると観客に思い込ませようとする。だが実際には、何も起きていないのだ。 (ピーター・トラヴァーズ)

4位『Robin Hood(原題)』

イラク戦争を背景に、シャーウッドの森をミレニアル世代向けにアップデートしようなんて考えたのが大きな間違い。自動小銃の代わりに弓矢を携え(マジ!)、スラング満載の台詞が飛び交い、小児性愛者の神父が登場。タゴン・エガートンは若きロビン・フッドを演じ、血気盛んなオスカー俳優ジェイミー・フォックス演じるリトル・ジョンはイスラム教徒という設定、さらにレイプ魔まがいのノッティンガムのお代官が加わって、仕上げにフードプロセッサーのような編集を施せば、アクションシーンはカオスと化し、誰が、誰に、何をしているのか判別するのはもはや不可能。ラストには続編へのつなぎまで用意されている。マジですか。 (ピーター・トラヴァーズ)
※日本未公開

3位『Life Itself(原題)』

冒頭からラストまでダメな映画なんてあるだろうか? それが可能なことを証明したのが、このとことんすましたメロドラマ。監督は、『This Is Us 36歳、これから』を世に送り出したダン・フォーゲルマン。『Life Itself』は、しいていうなら死刑宣告だ――センチメンタル度が徐々に上がっていく5部構成だが、最後まで見終わった観客はおセンチの毒にやらされてしまう。悲恋の物語から始まるこの作品の中でいまだにわからないのは、オスカー・アイザック、オリヴィア・ワイルド、アネット・ベニング、アントニオ・バンデラス、マンディ・パティンキンといった豪華キャストたちが、誰にどう言いくるめられてこんなつまらない作品に出演するはめになったのか、ということ。ただちにエージェントを首にするべきだ。(ピーター・トラヴァーズ)
※日本公開は未定

2位『ゴッティ』

映画評論サイトRotten Tomatoesでの評価は、満足度ゼロ。それでも、「テフロン・ドン(無傷のドン)」と呼ばれたギャングを描いたジョン・トラボルタの生涯最大の失敗作に対する評価としては、生ぬるいほうだろう。ジョン・ゴティの犯罪歴をまともに映画化するのが難しいからではなく――単純に、この作品は100%、まともな映画ではないからだ。トラボルタと彼の妻ケリー・プレストン(ゴッティの妻、ヴィクトリア役)は、つじつまの合わない脚本や、『アントラージ』の俳優ケヴィン・コノリーの監督としての方向性のなさをカバーしようとするあまり、オーバーな演技になってしまった。批評家や観客がこの映画にパンチを食らわせたのももっともだ。(ピーター・トラヴァーズ)
※日本公開は未定

1位『The Happytime Murders(原題)』

映画評論サイトRotten Tomatoesでの評価は、満足度ゼロ。それでも、「テフロン・ドン(無傷のドン)」と呼ばれたギャングを描いたジョン・トラボルタの生涯最大の失敗作に対する評価としては、生ぬるいほうだろう。ジョン・ゴティの犯罪歴をまともに映画化するのが難しいからではなく――単純に、この作品は100%、まともな映画ではないからだ。トラボルタと彼の妻ケリー・プレストン(ゴッティの妻、ヴィクトリア役)は、つじつまの合わない脚本や、『アントラージ』の俳優ケヴィン・コノリーの監督としての方向性のなさをカバーしようとするあまり、オーバーな演技になってしまった。批評家や観客がこの映画にパンチを食らわせたのももっともだ。(ピーター・トラヴァーズ)

日本公開は未定

いかがでした?

ピーター・トラヴァーズと言う批評家さん、結構言い当てていると思いませんか。こう言った、ズバズバ本音でもの言う批評家さんは珍しいですよね。だって、あまり本音を言うと、試写会や、映画の宣伝にも支障をきたすでしょうに。

私も一度、ネットで試写会を見た後、ブログに感想を書いてくださいと依頼された時は、やっぱり、多少のヨイショはしましたからね。ノービジネスなのに……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする