「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」がNHKで16年ぶりに再放送!

さすがに師走、バタバタして少し更新が滞っています。

さて、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒットの中、クィーンに焦点を当てた企画が多方面で目白押しです。そんな中、NHKが2002年に制作した番組が再放送されます。

「世紀を刻んだ歌2 ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」と言うタイトルで、「ボヘミアン・ラプソディ」の魅力を殺人事件に見立てて、刑事が推理していくと言う内容です。

オンエアは12月24日(月・祝)13:05〜14:18放送。

<作品紹介1>
クイーンの人気を不動のものにした「ボヘミアン・ラプソディー」。独特な歌詞と楽曲構成を持つ、この個性的な曲がイギリスで「20世紀最高の歌」で一位に選ばれました。
この歌のどこに人々は惹きこまれたのか、その謎を殺人事件に見立てて刑事が推理していく内容で、バンドのヒストリー、曲に秘められた物語、時代背景などで解き明かしていきます。

<作品紹介2>
ロックバンド・クイーンの人気を不動のものにした「ボヘミアン・ラプソディー」。しかし、その歌詞は冒頭から「人を殺した」という残忍な内容だ。それにも関わらず、イギリスでは「20世紀最高の歌」で一位に選ばれた。この歌のどこに人々は取りつかれたのか、その謎を探る。

楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする