• 『ジオストーム』デザスター・ムービーは大音量で見よ!

だれも見たことがない「ウルトラQ」4Kリマスターでオンエア!

ついに12月1日、4K8K放送が実現します。NHK-BS4Kチャンネルでは、35ミリフィルムで撮影された「ウルトラQ」を4Kリマスター版として、放送します。

(NHKホームページより)

~ 

さて、4Kテレビをすでに持っている人も多いでしょうが、その大多数の人が、実はチューナーを買わないと見れれないと分かったのは、つい最近のこと。

テレビを購入する時に、そのことを伝えていない販売店も悪いが、4K対応テレビと歌っていれば、普通に見られると思うのが当たり前だと思います。

しかも8Kを見ようとすれば、パラボラアンテナまで必要になって来ます。(ただ、8KはNHKだけです)

どういったチューナー方式をとるのか分からない段階で、画質のみを売り物した結果、客が割りを食うのはいかがなものでしょうかね。

最初からチューナーを搭載していれば、何の問題も無かったはずなのに。

せめて、ダウンコンバートで、フツーにBSで見られたらと、思うのは私だけでしょうか。民法のコンテンツは、どんな感じになるのでしょうかね、ちょっと気になります。

今、チューナーだけを買っても、録画は別売の外付けハードディスクが必要。現在のブルーレイ・レコーダーでは録画できない。

現時点で、4Kチューナー付きのブルーレイ・レコーダーはパナソニックの一択。ブルーレイ・ディスクにもダビングできます。

値段も、実売価格でどうやら20万円?(詳しい情報はホームページで

2020年の東京オリンピック頃には、かなりの進展をしているでしょうから、個人的には、今は我慢! です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする