• 『ジオストーム』デザスター・ムービーは大音量で見よ!

NHK「それでも僕は映画を撮る」オンエア。大林宣彦監督の生き様を見よ!

目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」』
NHK総合 10月7日(日)午前6時15分〜 午前6時50分

大林監督が戦っている!

『転校生』『時をかける少女』『青春デンデケデケデケ』『さびしんぼう』『ハウス』『異人たちの夏』などなど、多くの名作を手がけた大林監督が今、ガンと戦いながらも映画を撮っています。

ちょっと朝早いけど、録画してでも、全ての映画ファンに見て欲しい。 映画ファンなら、映画を愛した映画監督のメッセージを見逃してはだめだ。
頑張れ! 我らが大林監督!!!

肺ガン第4ステージ、余命3か月の宣告―。日本映画をけん引してきた大林宣彦監督が、病と闘いながら新作を世に送り出そうとしている。“全身全霊”のメッセージとは…。

「映画には力と美しさがある。それを信じて僕は撮り続ける」。『時をかける少女』『さびしんぼう』『転校生』など数々の作品で日本の映画界をけん引してきた大林宣彦監督(80)。いま、自らの体をむしばむガンと向き合いながら新たな映画を世に送り出そうとしている。この夏、故郷・広島県尾道市で行われた撮影に密着。映画に思いを注ぎ、若者たちの可能性を愛しながら、全身全霊を捧げて撮影に臨む大林監督のメッセージに迫る。

(NHKホームページより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする