最新の予告編をまとめた、「映画の窓」の時間です。

『ハロウィン』最新作はJ.カーペンターの制作

これは、1978年に公開された1作目の40年後を描いた作品です。

最新の予告編をご覧ください。

ロバート・レッドフォード最後の作品 『オールド・マン&ザ・ガン』

これがレッドフォード最後の作品、直訳すると『老人と銃』という感じです。(原題は

THE OLD MAN & THE GUN)

予告編を見る限り、結構なアクション場面もあります。それもそのはず、銀行強盗を繰り返し、投獄されると脱獄をすると言った、実在の犯罪者フォレスト・タッカーが、70歳の時にサン・クエンティン州立刑務所から脱獄した話を映画化したものです。

ご覧ください。

『狼よさらば』のリメイク、『デス・ウィッシュ』

オリジナルは私立警察的な色が強かったのですが、今回はブルース・ウィリスがマシンガンまで使って殺しまくってます。これって、オリジナルにリスペクトしているんでしょうかねぇ……。

ご覧ください。

『ジョニー・イングリッシュ:アナログの逆襲』

今度の敵は、サイバーテロです。

サイバー攻撃によって、エージェントの情報が漏洩、それの犯罪組織を突き止めようとするが、最新のテクノロジーにあたふたしてしまう……。

予告編でも笑えます。ご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする