• 『ジオストーム』デザスター・ムービーは大音量で見よ!

『ミレニアム 4: 蜘蛛の巣を払う女 』最新予告、パンクさがない!

原作者のスティーグ・ラーソンが死去されて、一度は終わってしまった「ミレニアム」シリーズ。ラーソンの遺志を継いで、新たに書き上げたのが、同じスウェーデン人のダヴィド・ラーゲルクランツ。現在この「蜘蛛の巣を払う女」と「復讐の炎を吐く女」が執筆され、読むことが出来ます。

さて、デヴィッド・フィンチャーまでリメイクしたこの「ミレニアム」シリーズですが、どこに魅力があったのでしょうか? ミステリー映画としても良く出来ていましたが、小説好きならご存知、キッド・ピストルズを連想させる主役の天才ハッカー、リスベットの魅力ではないでしょうか?

髪の毛をツンツンに尖らせ、革ジャンを着こなし、背中にはドラゴン・タトゥーと言うパンクな女性リスベット。彼女の存在なしに、このシリーズは成り立ちません。

そんな魅力に溢れるリスベットですが、最新予告のインターナショナル・ヴァージョンを見ても、パンクさが消えているように見えます。

リスベットの行動的には、過激な感じは健在のように見えますが、役者もノオミ・ラパスからクレア・フォイに変わっていて、まだ馴染みがないからでしょうか。このシリーズのファンとしては、ちょっと物足りない、そんな気がします。(←映画見てから言え!)

公開は2019年です。

以前に公開された日本語の予告と合わせてご覧ください。

最新予告


以前に公開された日本語予告

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-1)

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-1)

ダヴィド ラーゲルクランツ
886円(11/17 13:02時点)
発売日: 2017/09/05
Amazonの情報を掲載しています
ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-2)

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-2)

ダヴィド ラーゲルクランツ
886円(11/17 13:02時点)
発売日: 2017/10/05
Amazonの情報を掲載しています
ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上

ダヴィド ラーゲルクランツ
1,620円(11/17 13:02時点)
発売日: 2017/12/19
Amazonの情報を掲載しています
ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下

ダヴィド ラーゲルクランツ
1,550円(11/17 13:02時点)
発売日: 2017/12/19
Amazonの情報を掲載しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする