• 『ジオストーム』デザスター・ムービーは大音量で見よ!

ジョン・レノンを殺したマーク・チャップマン、最新の写真が公開

1980年12月8日、ニューヨークのダコタ・ハウスの自宅前で、ジョン・レノンは銃弾に倒れました。ジョンを待ち構えて撃ったのは、マーク・チャップマンと言う、ジョンのファンを公言していた男でした。

チャップマンは20年〜終身までの無期懲役

この度、チャップマンは10回目の仮釈放の申請を出すと見られ、その時撮られたのがこの写真です。

チャップマンは10回目の仮釈放の申請をする予定だが、当然認められるはずなどない。精神的に問題がある上に、ジョンの親族にも危害が及ぶ可能性があるし、第一、ヨーコが許さないだろう、とニュースサイトは伝えています。

ま、当然ですね。

この、ジョン・レノン殺害事件を詳しく知りたい人は、映画『チャプター27』をオススメします。

映画『チャプター27』

ジョン・レノンが銃弾に倒れるまでの数日間を、まるでドキュメンタリーのような作りになっていて、0時間に向かってチャップマンの変貌ぶりがとても怖く描かれています。

尊敬する中山康樹氏が著書「誰も書かなかったビートルズ」の中で書かれていますが、cチャップマンがサインを貰おうと持っている「ダブル・ファンタジー」LPレコード、許可が下りなかったのか、よく見るとジャケットに写っているのはジョンとヨーコではなく、だれ? 的なジャケットになっていて笑えます。

それは予告編でも、注意して見ると分かります。ご覧ください。

タイトルの『チャプター27』とは、チャップマンが逮捕されて時に持っていた、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」が26章で終わっている所から付けられました。

ジョン・レノンに興味がある方は、一度見ておいた方がいいと思います。

チャプタ−27 [Blu-ray]

チャプタ−27 [Blu-ray]

ジャレッド・レトー, ジェダ・フリードランダー, リンジー・ローハン
1,080円(11/17 18:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする